ヒゲ脱毛の基礎知識

ヒゲ脱毛の予備知識(医療レーザーとエステ脱毛)

脱毛処理を大きく分けると、クリニックや美容外科等、いわゆる医療機関で行われる医療レーザー脱毛と、エステサロン等で行われる、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛に分類されます。

医療レーザー脱毛は、レーザの波長や、施術する部位等により

①アレキサンドライトレーザー
1997年に日本に導入。最も普及率が高いレーザー

②ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザーより痛みが少なく、現在最もポピュラーなレーザー。ある程度の産毛も対応できる。

③ロングパルスヤグレーザー
肌の色に依存しないため、男性の脱毛に適しているレーザー。痛みはダイオードレーザーと同程度

の3つに細分されます。

大手のエステで行われるニードル脱毛はヒゲ1本1本に対して施術を行うため、料金は時間単位の設定になっています。 中堅のエステで行われるフラッシュ脱毛は、お店によって呼称が様々ですが(例:ヨーロピアン脱毛、IPL脱毛、ルニクス脱毛、プラズマ脱毛、保湿光脱毛 etc)、基本的な機能は同じと言って良いでしょう。

では、それぞれの脱毛の違いはどこにあるかというと、ズバリ「痛み」と「処置に通う期間」の2点であると言えます。

まず、「痛さ」という基準で見た場合、痛みが小さい順に

フラッシュ脱毛⇒医療レーザ脱毛⇒ニードル脱毛、という順列になります。

次に、「処置に通う期間」という基準で見た場合、期間が短い順に

医療レーザ脱毛⇒フラッシュ脱毛⇒ニードル脱毛、という順列になります。

もちろん個人的な感じ方もありますので一概には言えませんが、一般的には上記のような分類になるでしょう。

例えば、ニードル脱毛は痛い上に通う期間も長いと思われるでしょうが、日頃毛抜きを使って脱毛している方には、それほど痛みが苦にはならないでしょうし、1本1本に対して施術する為、脱毛の効果は大きいです。 それぞれの脱毛方法の特色をよく把握したうえで、予算等も考慮して、自分に一番合った脱毛処理を選ぶのがよいでしょう。


未成年の脱毛について

ムダ毛の濃さに悩んでしまうのは大人だけではありません。 今は小さい子供でもおしゃれに敏感になっているので、ムダ毛を気にしている子供はたくさんいるのです。 男の子の場合はある程度ムダ毛が濃かったとしてもそれほど問題ないかもしれませんが、女の子でムダ毛が濃い場合、それがいじめの原因になってしまうことだってありますよね。

しかし、小学生くらいの小さな子どもがカミソリなどを使ってムダ毛の処理をするのはとても危険なことです。 また、子供向けに作られていない除毛クリームを使った場合、子供の肌には成分が強すぎて大きな肌トラブルに繋がってしまうこともあるのです。

親が正しい知識を持って脱毛をしてあげるのが理想ではありますが、子供の肌は傷つきやすいということを十分に理解しておかなければなりません。 どうしても家庭で行う脱毛では期待する効果が望めないという場合、脱毛エステを利用するという方法があります。

ただ、エステの中には未成年者の入会を断っているところもあるので、まずは未成年者でも通えるエステを探さなければなりません。 例え18歳以下の子供だったとしても、親の同意があれば通えるというエステもたくさんあります。

しかし、脱毛が可能だからといって、必ずしも子供にとって安全な脱毛をしてくれるとは限りません。 脱毛機によっても子供向けのものとそうでないものがあり、どういった脱毛機を取りそろえているかというのはエステによって違うので、肌への影響などもよく確認しておいたほうがいいでしょう。

理解しておかなければならないこととして、18歳未満はまだホルモンバランスが整っていない時期です。 そのため、一度脱毛が完了したとしても、ホルモンバランスが変わることが理由で再度ムダ毛が生えてきてしまう可能性があります。

まずは無料相談やカウンセリングに行って、子供の脱毛に関していろいろ話を聞いてみるといいですね。 できることならばホルモンバランスが落ち着いてから脱毛をしたほうがいいです。