シミやくすみの要因“メラニン”とは

シミやくすみの要因“メラニン”とは

メラニンと言う言葉は、女性ならよく聞く言葉ですよね。 シミやくすみにはメラニンは大敵!と言うイメージもあるかと思います。 当然、良い印象はメラニンから想像出来ませんよね。

そのメラニンは、紫外線を浴びる事で体内で生成されます。 ただ、メラニン生成そのものは、そもそも人間を守るための防御策なのです。 もしメラニンが体内で作られなければ、簡単に皮膚がんを発症してしまいます。

紫外線等でメラニンが生成されると、それを感知した肌細胞は、そのメラニンを自己防衛として利用します。 それが少しずつ肌の表面へ押し上げられて、最終的に角質と変化します。 角質は、新たに作られた細胞に押され、最終的には垢になり、剥がれ落ちていきますが、 そこに含まれているメラニンも一緒に押し出されていきます。

これがターンオーバーとよばれる肌の正常なサイクルとなります。 でも、このサイクルが上手く循環出来なくなると、どのような事が起きてしまうのか、 お話していきたいと思います。

シミが作られる原因として、2つ挙げられます。 まず一つ目は、メラニンの生成が必要以上に行われてしまう事。 そして二つ目は、不要なメラニンを含んだ細胞等が、外へうまく排出されない事です。

メラニン生成の仕組みは、 紫外線等で、メラニンが生成される。 そこへ更に新たなメラニンが生成される。 でもそこで、メラニンが外へ排出されない。

どれだけ余計なメラニンを排出させようとしても、そもそも元のメラニンの量が多いままだと 当然外へ排出される力も弱まり、そこで排出が追い付かなくなってしまいます。 ただ、生成される量が少ない場合でも、もちろんきちんと外へ排出する事が出来なければ、肌内部に溜まっていく事になります。 要するに、メラニン供給と同時に、それを排出するバランスが、うまくとれていなければいけないのです。