シミの予防策とそのポイントとなるのは?

シミの予防策とそのポイントとなるのは?

一度出来てしまうと、消す事がなかなか出来ないやっかいなシミくすみ…。 今回はシミの出来る仕組みと、その対策をご紹介します。

シミの元となるメラニンが必要以上に生成されてしまう原因となるものは避けましょう。 生成されたメラニンを上手く排出されないのであれば、それが出来る肌のスキンケアを実行して下さい。 そして、なによりここにシミが出来るかもしれない…と気づいた時は、すぐに手をうちましょう。

シミを生成する原因は紫外線と言うイメージは誰もがあると思います。 紫外線を浴びる事で肌は刺激を受け、そこでメラニンを生成します。 必要以上に紫外線を作られないようにする為には、まず日焼け止め等を使って紫外線をカットしましょう。

ただ、紫外線はメラニン生成だけではないのです。 例えば、肌が乾燥してしまうと、肌表面は剥がれやすくなり、傷ついた状態となります。 そうなれば当然、外部からのダメージを受けやすくなります。

それ以外にも、肌の土台になっているコラーゲンの破壊も行います。 それが進行する事で、しわを作ってしまう原因になるだけでなく、 新しい肌細胞を生成する事も難しい状態となり、新陳代謝が悪化していきます。

紫外線がシミの原因になるのは間違いありませんが、一筋縄でいく話ではありません。 ただ、その分予防策も色々あります。

新たな肌が生成される細胞が活発になるのは、1日のうち夜10時以降と言われています。 睡眠中に負担がかかり、傷ついた肌を回復しつつ、新たな細胞を作るサイクルがあります。

とは言っても、10時に就寝出来ない場合もありますよね。 生活リズムは個人差がありますので、各々出来る範囲で出来る事をするだけでも良いかと思います。 ただし、出来るのに気を抜いてしないと言うのはいけませんよ。

例えば、日焼け止めを塗り忘れたり、メイクをしたまま眠ってしまったり、 紫外線を直接浴びてしまったら、それは当然シミが出来やすくなります。 メイクを落とさないと、肌に負担がかかり、それが刺激となるので、シミの原因を自ら作ってしまっているのです。 肌は気を抜けば抜くほど、受けたダメージと言うものが、どんどん蓄積されていきます。 すると、気づいた頃にはもう手遅れ…なんて事にもなりかねません。

また、人それぞれが持っている基礎体力は、その人の肌機能にも関係しています。 肌も当然体の一部ですから、疲れがたまっている時は、肌も同じようにやつれています。 肩が凝っている時は、血液循環が悪くなっているので、肌の血色も同様に悪くなりがちです。 その逆は、心身、肌共にコンディションも整っている事でしょう。

そこでポイントとなるのは、メラニンを上手く外へ押し出す事の出来る基礎体力をつける事です。 崩してしまった体内サイクルを正常にする事で、紫外線の影響も受けにくくなり、健やかな肌を保つ事にも繋がるのです。