脱毛後はまったく毛が生えてこないの?

「脱毛」その後…

脱毛とひとくちに言っても、その方法には光脱毛、レーザー脱毛、電気美容脱毛(針脱毛)などがあります。脱毛すると、その後全く毛は生えてこないのでしょうか?

実際、電気美容脱毛方式でヒゲ脱毛した人に聞いてみると、大体は生えてこない、あるいは脱毛する前よりだいぶ少なくなった答える人が多いようです。しかし、脱毛の方式やその人の年齢、体質、毛の状態によっては生えてくる場合もあることを知っておく必要があります。

光脱毛によるものは脱毛の力はさほど強くないようで、直後というわけではないにしろ、また生えてきたという報告がたびたび聞かれます。電気美容脱毛やレーザー脱毛は高い効果を期待でき、毛は再生されにくいといわれていますが、やはり個人差はあるという認識が必要です。

また、一般的に電気美容脱毛は「永久脱毛」と表示してよいとされています。もしも、これから先絶対にヒゲを生えてこないようにしたいのなら、電気美容脱毛が最適かもしれません。これは男性の場合が圧倒的に多いですが、「ずっとヒゲが生えてこないのはちょっと…。」というケースがあります。

例えば、40代を過ぎて年齢相応の貫録をみせるためにとか、ファッションに合ったヒゲを楽しみたい、濃すぎない程度のヒゲにしたい、今はヒゲがいらないだけという人もいます。そのような場合は、同じ電気美容脱毛でもヒゲを減らす施術にしてもらう、そうでなければ光脱毛で脱毛することをおすすめします。

ヒゲの脱毛の場合も、光脱毛、レーザー脱毛、針脱毛に限らず、ほかの部分と同様に施術した直後は、赤くなるつまり炎症をおこすことがあります。炎症をおこす原因は、毛根の細胞を破壊することなので、大多数の人にこの症状がみられるようです。

また、ニキビができる場合や、漫画で泥棒を描いたときのようなヒゲに見えてしまう人も…。笑ってしまいそうですが、これは施術によって毛が膨張してしまい、かえって濃く見えてしまう現象なのです。脱毛によって毛根を破壊してることから、何日か経つとヒゲがポロポロ落ちてくるということになります。

医療機関で施術するにしても、エステサロンで施術するにしても、脱毛直後の肌は良い状態とはいえません。そう考えると、大事な約束やデートの予定がある時は、肌の回復期間を計算に入れて脱毛を計画したほうが良いでしょう。また、レーザー脱毛の場合、レーザー照射から1週間ぐらいは直射日光に当たることを避けた方が良いといわれています。せっかく脱毛するのですから、理想の「その後」にするために、上のことを頭に入れてトライしてみましょう!

    病院で使われる脱毛レーザーの種類    「脱毛」気になるその後…

    レーザー脱毛の実際の流れとは