炎症性色素沈着とは?

炎症性色素沈着とは?

ニキビ痕がなかなか消えないとか、虫刺され等でかきむしった痕が出来てしまった… といった経験をされた事がある人は多いのではないでしょうか。

それにより、炎症性色素沈着(シミ)となってしまうケースがあります。 ニキビや傷痕から出来てしまった、そのシミについて、原因や対策をご紹介します。

初めに、ニキビ痕が黒ずんでしまったものや、虫さされで掻きこわした傷痕や火傷の痕、 洗顔時にタオルでごしごしと擦る等の刺激、さらに肌に合わないスキンケアをしている事が 炎症性色素沈着の原因と考えられます。

これが起きやすい人と言うのは、皮膚が弱いとか、体がもともと弱く、日頃から疲れやすいといった人とも言われています。

また、顎周辺に出来たニキビ等は、皮膚が厚い部分ですので、血行も悪くなりがちですので、 炎症性色素沈着になりやすくなっています。 これらに該当すると言う人は、まずビタミンCを積極的に普段から摂取するように心がけましょう。

ビタミンCは、アンチエイジングや美白にはもちろん、抗酸化作用の働きにも効果的で、 疲れが溜まりにくい体にしてくれるそうです。 美容にも健康にも役立つので、摂らない訳にはいきませんよね。

そして、炎症性色素沈着の治療法は、 そのまま放置する事で次第に薄くなっていく場合もあるのですが、 何年経ってもなかなか消えないといった場合もあり、 もしかしたらこのままずっと残るのではないかと言う不安もあるかと思います。

それが消えるまでに、その上から日焼けをしたり、紫外線を浴びてしまうと、更に消えにくい状態になるので 炎症性色素沈着がある場合は、日頃のスキンケアもきちんと見直す事も大切です。

出来てしまった炎症性色素沈着に関しては、ピーリング等をする事により、改善されるケースもあります。 日頃の手入れに加えて、週1~2回、自宅でのピーリングや、医療機関でのケミカルピーリングを行い、 肌のターンオーバーを正常な状態に戻してあげるのも良い方法かと思います。

また、日頃のスキンケア商品は、シミや美白対策の物を使うのも効果的です。